2016年08月29日

万華鏡(kaleidoscope)

光の中へ①

こんばんは Humming CatsのShoujiです。


今日は、私の趣味の万華鏡(まんげきょう)の話をします。

皆さんも一度は、万華鏡を見たことがあると思います。

同じ模様が出る確率は、4600億年に1回だそうです。じぇじぇじぇ!!!(少し古いですが)

以前、箱根芦ノ湖の成川美術館で見た万華鏡は、本当に素晴らしかったです。

その時購入した万華鏡を時々見ては、しばし悠久の時の流れに身を任せています。

なんだか小宇宙を見ているようで、あっと言う間に時間が過ぎてしまいます。



万華鏡も色々な素材で出来ていて、その素材ごとに様々に変化していきます。

人間も色々な性格の人達がいるから、様々に変化していくのでしょうね。

















hummingcats888 at 21:15|PermalinkComments(0) 虹の橋 | 音楽

2016年08月28日

バルとの出逢い

バル②


こんにちは♪ Humming CatsのShoujiです。

今日は、22年間飼っていた猫の話です。

1992年の暑い夏の日に、家の近くの道路でグルーミングしている猫を発見。

茶トラのミックスでメスでした。

ちょうどオリンピックの年で、開催地がスペインのバルセロナだったので

名前は「バル」に決定 

私は、どちらかと言うと犬派で、幼いころ小さな子犬を拾ってきたのですが、

お袋に駄目だと言われ、泣く泣く別れた想い出がありました。

拾った時は、ガリガリに痩せていてノミやダニが沢山いてどう見ても短命そうで

とりあえず飼うことにしました。

ところが、ナ・ナ・ナント!! 22年も生きたのです。

猫の平均寿命15.57歳なので、はるかに長寿。ギネスでは38年だそうですが・・・。

最初は、すごく無口で部屋の隅をグルグル回ってました。

「こんなおとなしい猫なら、最高!」と喜んだのもつかの間、慣れてくると夜中でも

ミャ~ミャ~鳴くは、そこら中、爪で引っ掻くは(写真のスピーカーのコーンまで破壊)

悪行三昧、わがまま三昧の毎日。でも、寝顔を見ると全て許してあげたくなりました。












hummingcats888 at 17:23|PermalinkComments(0)  | 虹の橋

2016年08月27日

虹の橋 Rainbow Bridge ♪

H4

はじめまして Humming CatsのShoujiです。

The Beatlesの音楽と出逢って感動し、中学生時代より作詩・作曲を始めました。

2014年7月、22年間飼っていた猫(茶トラミックス♀)が天寿を全う。

私にとっては家族の一員であり、娘のような存在でした。

なんだか、ぽっかりと心に穴が空いたような気持でした。

ささやかな葬儀の最中、目の前の壁に「虹の橋」という詩があり、思わず涙が溢れました。

「そうか、虹の橋で待っていてくれるんだ。」と確信し、心が安らかになりました。


◆「虹の橋 Rainbow Bridge」の詩の内容◆(Wikipediaより引用)

この世を去ったペットたちは、天国の手前の緑の草原に行く。

食べ物も水も用意された暖かい場所で、老いと病気から解放した元気な体で

仲間と楽しく遊び回る。しかし、たった一つ気がかりなのが、残してきた大好きな飼い主

のことである。一匹のペットの目に、草原に向かってくる人影が映る。

懐かしいその姿を認めるなり、そのペットは喜びにうち震え、仲間たちから離れて

全力で駆けていきその人に飛びついて顔中にキスをする。

死んでしまった飼い主=あなたは、こうしてペットと再会し、一緒に虹の橋を渡っていく。


◆Humming Cats◆とは


バンド名「Humming Cats」は、ハミングする猫たちです。そのままですが(笑)

猫は普段は静かですが、寝起きの時や深夜の集会など時としておしゃべりです。

猫はとても不思議で面白い生き物です

でもどんな時でも「今を精一杯生きること」を教えてくれる大切な友人です♪

今後ともよろしくお願いします!!


◆今後のスケジュール◆

2016年10月に、「虹の橋 Rainbow Bridge」シングルCD発売&配信する予定です。

(iTunes Store、レコチョク、music.jp他)

乞うご期待下さい♪












hummingcats888 at 22:15|PermalinkComments(1) 虹の橋 | 音楽